荷物関連

海外への引越しは、まず持ち込める荷物の確認から始めましょう!

突然、海外赴任が決まったり、留学を決心し海外へ引越しをすることになるかもしれません。

 

そんな時、引越し準備はどうしたらよいのでしょうか。

 

国内での引越しと同じようにはいきません。

 

海外に荷物を運ぶには、船便や航空便かを選ぶことになります。

 

国によっては、日本からの持ち出しが禁止されている物もあります。

 

行き先によってどんなものが取り扱い禁止品目になっているかを確認することが重要です。

 

 

現地に持って行きたい物はたくさんあっても、実際に持って行くことができる量や物は決まっています。

 

その範囲内でまとめなければなりません。

 

そこで、生活するのに最低限必要な物をリストアップしましょう。

 

また、海外での生活をイメージすることや、実際に暮らしている人からの情報をより多く得ることも大切です。

 

あったら便利な物と本当に必要な物とは違います。

 

わざわざ日本から持って行かなくても、現地で購入できる物があったりします。

 

現代では、インターネット環境が整っていれば、その現地に住んでいる方の情報も集められますし、ネットショッピングを利用することができます。

 

国産の家電は電圧の違いで現地で使えないものもあるので注意して下さい!

 

何を優先的に持っていくかは、その人の物の価値観によって異なりますが、基本的に、海外に持っていく物は、壊れてもよいもの、無くしても惜しくないものがよいです。

 

 

また、海外での生活は知らず知らずストレスを溜め込んでしまう可能性があります。

ですから、自分の癒しグッズ、リラックスできる物を忘れずに持っていくことをお勧めします。

 

日本に置いとく物にしろ、それらを保管しておくのか処分するのかの決断が必要です。

 

処分できない荷物を保管する場合は、トランクルームを活用しましょう。

荷物はなるべく少なく身軽の方が、荷物の整理もしやすいですし、仕分けもスムーズにいくことでしょう。