費用関連

引越しする時期のおすすめはいつごろ?

引越しする時期によっては、費用を節約できたり、不動産屋さんと交渉しやすいとか部屋探しがしやすいと感じている方もいるようです。

 

ここでは、いくらかでも引越し費用を抑えられそうな時期について紹介したいと思います。

 

それは、今の時期6月です。

 

春の新生活がスタートして、GW明けてからの大体6月ごろまでの期間になりますす。

 

この時期には不動産屋さんでも残り物件が出てきます。

 

大家さんも空き家にするよりは、家賃を多少下げても、誰かに賃貸したいという感情がうまれてきます。

 

そこで、敷金礼金または家賃の交渉がしやすくなる時期です。

 

 

6月は梅雨の時期ですので、雨が多く降り内覧したり、引越しするのが大変になります。また、祝日がない月なので引越しする方も減ってきます。

 

また、引越し業者も、4月の繁忙期を超え一気に暇な時期になります。

 

売上を落としたくないわけですから、繁忙期よりは安い料金でも仕事を請け負ってくれるため交渉もしやすい時期になります。

 

しかし、デメリットがあります。それは、残り物件ということで、物件数が多くはないので気に入った家に出会える可能性は低くなるということです。

 

引越しにともなって、何かと外に出歩く事が多くなりますが、いつも外は雨。雨の日は、出掛けるのが面倒になります。

 

家を更新せずに2年ごとに引越しをする友人が話していたことですが、引越しの繁忙期である3月と、年の途中の6月の引越しを比べたところ、やはり、3月の方が引越し費用は高いようです。

 

 

約3万円ほど費用の差が出たとのことです。

 

また、月初に引越しすると費用を交渉しやすいと言えます。

 

家賃の関係から月初から新生活と考え、月末に引越しをする方が多いようです。

 

引越し時期を自分で選べられる環境にあって、かつ費用を抑えたい方は、6月、もしくは5月の引越しをお勧めします。